プロテインダイエットの効果とやり方ガイド

 

プロテインダイエットの効果についてやり方も考えてみた

プロテインダイエットにも運動が必要

 

 

プロテインダイエットをする際に、プロテインにばかり目が行ってしまいがちですが、忘れてはならないこととして「適度な運動」があります。

 

どんなダイエットでも基本的には摂取するカロリー量を減らしながら、もう一方で消費するカロリー量を上げるという二段がまえ担っていると思います。プロテインダイエットだとしても、プロテインを飲むからと言って筋肉が勝手について勝手に消費カロリーが増えるということはないのです。

 

プロテインダイエットに取り組む場合、より効果的な運動は「有酸素運動」と呼ばれる運動で、有酸素運動とは酸素を普段よりも多く取りこみながら行う運動を言います。あまり激しい運動ではないので、誰でもすぐにできるのが特徴で、例で言えばウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

 

私たちの体内において、脂肪は体脂肪として体内に蓄積される前は、血液中を流れて全身をめぐっています。このとき、酸素を体内に取り込むことで血中の脂肪を燃焼させて、ゆっくりとエネルギーを生み出しています。そして、血液中のエネルギー源が全て使われてから体に溜まった脂肪を分解して再度血液から取り込めるようにしているのです。

 

有酸素運動を行うべきという理由は、上記の理由である程度長時間の運動をしなければ血中脂肪の燃焼が行われるのみで、体の脂肪は使われないからです。酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる有酸素運動でも、20分以上は続けなければ血中の脂肪などを使って終わってしまい、ダイエット効果は見られません。

 

さらに早く効果を出したい場合は、毎日40分〜1時間の有酸素運動を行っていけばかなりの効果が期待できますが、このレベルの運動を毎日続けるのは簡単ではないのでできる範囲で行いましょう。

 

プロテインダイエットを成功させるためには、どんな方法だとしても食事と運動のバランスが大切ですから、どちらかに極端に偏ることの無いように注意しながら進めていきましょう。

 

プロテインとアミノ酸の使い分け

 

プロテインと言えばたんぱく質のことを本来さしています。よくたんぱく質をあらわす言葉としてアミノ酸というものもありますが、このアミノ酸はたんぱく質を構成するもので、たんぱく質は20種類からなるアミノ酸によって作られています。今回はプロテインとアミノ酸の関係について調べてみました。

 

プロテインというのは、原料となる大豆や牛乳などから余分な糖分や脂肪を取り除き、たんぱく質だけを純粋に抽出したものということができます。これらが食事などを通して摂取されると、体内で20種類のアミノ酸に分解されるようになり、体の各部位で大きな働きを行うようになります。

 

ですから、プロテインとアミノ酸は違う物質で、アミノ酸の集合がプロテインと言うことができます。そのため、吸収速度には決定的な違いがあります。

 

個人差はもちろんあるものの、プロテインは体内に消化・吸収されて筋肉に届くまで約2時間を要すると言われています。普通の食事からたんぱく質を取り込む場合、他の栄養素との分解なども必要ですからより多くの時間を要します。

 

それに対してアミノ酸の場合は吸収までにかかる時間が約30分と、非常に早く取りいれることが可能なのです。消化もほとんど必要ないために、胃にかかる負担も少なく、トレーニングの前後や就寝前など、速やかに栄養を摂取したい場合に効果的です。

 

デメリットとしてはプロテインに比べるとどうしても高価になることで、製造過程にかかる手間を考えるとどうしてもコストが大きくなるのです。そしてアミノ酸のデメリットは、一度に摂取しすぎると浸透圧性の下痢を引き起こす可能性があり、アミノ酸の分子が小さいことによって生じると言われています。

 

プロテインは筋肉増強やダイエットなど多くの目的別に商品も分けられるようになっていて、目的ごとにより良く利用できるようになっています。普段はこうしたプロテインを用いて、そして早急に栄養を補給したい場合にはアミノ酸を用いるようにするなど使い分けるようにすると良いでしょう。

 

ホエイプロテインの人気の秘密

 

健康と美容に対して意識の高い方に最近人気のあるメニューがプロテインダイエットです。使われるプロテインの種類は数多くありますが、その中でも使用される頻度が高いのが「ホエイプロテイン」です。ホエイプロテインというのは、牛乳を原料としたプロテインで、ホエイというのは牛乳の中に含まれる乳清タンパクのことを指します。

 

このホエイプロテインの特徴は何といってもたんぱく質の吸収速度が非常に速いということで数あるたんぱく質の中でもその速さはダントツで、体内での利用率も高いことでプロテインの中でも特に効果的で人気のあるプロテインです。

 

そして、身体に必要な必須アミノ酸の多くを含んでいて、BCAA(分岐鎖アミノ酸)が豊富に含まれていることで、筋肉の損傷からの回復をスムーズにし、筋肉疲労や筋肉痛を防いで強くて丈夫な筋肉を作ってくれます。身体の疲労だけではなく、集中力の欠如、倦怠感などといった中枢性の疲労についても効果があると言われています。

 

こうしたホエイプロテインの効果にはもちろん個人差があるものの、早い人では2週間程で明確に変化がわかる場合もあるそうです。多くの場合は、最低でも3ヶ月は適度な運動を併せて行いながら自分の体の様子を注視する必要があります。

 

注意点としては、ホエイプロテインはその吸収力の速さが人気ですが、一度にたくさん摂り過ぎてしまえばそのために肥満のもとになってしまいます。摂取した大量のエネルギーが使用できなければ脂肪として蓄積されてしまいますから、運動量とのバランスに注意してください。

 

そして当然のことながら、原料が牛乳に由来していますので、牛乳アレルギーの体質の方は避けた方が無難です。

 

ほうれい線治療に用いられる注射

 

ほうれい線治療では注射を使う方法もあり、クリニックやサロンなどでも人気となっている方法です。注射でヒアルロン酸を注入するのですが、かなり人気で話題もあるのでほうれい線治療と言えばヒアルロン酸注入だと思っている方も多いようです。

 

ヒアルロン酸注入の最大のメリットは周囲に気づかれずに行えるという点でしょう。フェイスリフトなどの方法だと効果が大きすぎて変化もかなり出るので、施術をしたその日に分かってしまいます。さらに費用も高額で中々手が出しにくい方法でもあります。

 

ヒアルロン酸注入施術のメリットはナチュラルさでもあります。ごくごく自然にシワやたるみを改善できるので、仕上がりの満足度は高いのです。ヒアルロン酸注入はよく耳にするワードですが、「イデバエ注射」という聞きなれない方法もありますよ。血小板の働きを利用する方法なのですが、注射を様々な箇所、だいたい20か所ほど注射をしなければならないので痛みもあります。

 

イデバエ注射を検討するのであれば医療行為である局所麻酔を扱えるクリニックを探す方がいいでしょう。イデバエ注射のメリットとしてはその日からお風呂にも入れるし顔も洗えるという点が挙げられます。

 

これは女性には嬉しいメリットですが、デメリットとして費用が10万円オーバーすることや、施術を受けるために何度も通わなければならないという点が挙げられます。しかしながら効果は高いので人気となりつつある方法ではあります。

 

その他にも表情筋に作用することでほうれい線治療となる「ボトックス注射」もありますので、自分が用意できる費用や希望する効果などを総合的に比較して選ぶようにしましょう。

 

こちらもおすすめ>>>ほうれい線を消す化粧品の口コミランキング

 

更新履歴