トップページ → 引越しのときに役所で行う手続き

引越しのときに役所で行う手続き

引越しをするときには、住んでいる住所が変更されるので、役所に出向いていろいろな手続きをしなければいけません。その手続きをするときに行くのは、家族で引越しをする場合には世帯主が出向き、1人で引越しをする場合には本人が出向きます。

 

そのときには、身分証明書・ハンコを用意して役所に行き、転出届を出し、転出証明書を発行してもらいます。このような手続きは、引越しの予定日よりも何日も前にしておいたほうが予定日が近づいてきても慌てずにすみます。

 

新しい家が同じ市区町村の場合、引越しが完了した日から14日以内に転居届を役所に出さなければいけません。新しい家がほかの市区町村の場合、事前に役所で発行してもらった転出証明書とハンコを用意して、新しい家がある場所を所管している役所に出向いて転入届を出さなければいけません。

 

ほかには、健康保険や厚生年金の住所変更、新聞を購読している方は新聞配達業者に、銀行の口座を持っている方はその銀行になど、いろいろな機関に住所変更の手続きをする必要があります。ほかにも、インターネットを使っている方はプロバイダに、保険に入っている方は保険会社に住所変更の手続きをしなければいけません。

 

引越しをする回数というのは、一般的には数回でしょう。しかし、仕事上の関係で転勤があると、数回ではすまないケースも見られます。また、引越しをするということは、時間が必要だったり体力が必要だったり、お金が必要だったりするため、簡単にはできず、ほかにも手続きをしなければいけないものが多いので大変です。

 

その引越しを機会に、自分が契約しているものでムダなものがないかを確認してみるのはどうでしょう?確認をすることで、ムダなものがなくなり、前よりも楽に過ごすことができるかもしれません。