トップページ → カーシェアリングに必要な自動車保険

カーシェアリングに必要な自動車保険

カーシェアリングを利用中に、もしも事故が起きてしまったらと思うと心配ではないですか?そんな万が一の事態に備えて、カーシェアリングの車にはあらかじめ自動車保険がかけられています。となると気になってくるのが、保険料の問題です。

 

カーシェアリングの自動車保険料は会員の基本料金に組み込まれており、利用するたびに支払う必要はありません。他の会員と分担する仕組みですので、マイカー保険と比べたら格段に安い料金で済みます。補償内容はカーシェアリングが選択・設定してあるので、頭を悩ませる必要がありません。

 

多くの場合、対人・対物補償は無制限、車両保険にも加入しています。もしも事故に遭ったら、警察に事故連絡を行い現場検証をしてもらった上で、カーシェアリング会社のサポートセンターや保険会社に電話します。

 

保険の利用には、警察の事故証明書が必要となります。また、利用者の不注意による事故の場合は、カーシェアリング会社から別途営業補償金等を請求されます。エンジントラブルやパンクなどの場合は、カーシェアリング会社のサポートセンターに連絡するのが先決です。

 

修理代は自動車保険の範囲内で済みますが、修理をしている間の営業補償として一定の補償金が請求されてしまいます。タイヤのパンクやホイールキャップの紛失等も、自己負担となる場合があります。

 

駐車禁止区域などに駐車して車がレッカー移動されてしまったときも、カーシェアリング会社のサポートセンターに連絡します。同時に警察にも連絡して車両の返還手続が必要になるので、忙しいですね。レッカー移動した車の返還手続費用は、利用者の実費となります。