トップページ → しもやけに似た病気って?

しもやけに似た病気って?

自分ではしもやけになったと思って、市販薬などを使って治療していたもののなかなかよくならないので病院へいった。すると、しもやけではないまったく違う病名を言い渡されてしまってというようなことも珍しくはありません。しもやけどうかというのは素人が見た目だけで判断するのはとても危険なことです。ですので様子がおかしいと感じたら早めに病院などの医療機関で検査をしてもらうようにしたほうがいいでしょう。

 

特に注意しておきたいのは膠原病というものです。この膠原病という病気の中でも全身性エリテマトーデスというものが特にしもやけの症状と酷似しているといわれています。全身性エリテマトーデスという症状の特徴としては肌の赤みと痒みという症状についてはしもやけと同様だといわれています。ただし、全身性エリテマトーデスの場合は、その患部が手足のみに現れるものではないということです。

 

また、身体全体の関節などが痛むことがあるなど、多くの症状が現れてきます。何の対策もとらずに放置していたとしてもしばらくの時間が経過することで症状は一時的に収まります。しかし、また幾日かが経過することで症状は再発するとされています。他にも、レイノー病というものがしもやけに似ているといわれています。

 

身体の左右対称に症状が見られるというのが特徴的な病気で手足の変色が代表的な症状だといわれています。緊急性というのはない病気なのですが、症状が悪化してしまうことで命の危険にもつながってきます。ですので、なにかしらの異常を感じたときには早めに医師に相談するようにしてください。

 

しもやけに似た病気の中には冬以外の季節に発症するというのもたくさんあります。夏が近づいてきて季節的に温かくあってきたというような時期や、梅雨の時期にしもやけのような症状が現れてしまったときには早めに病院へと相談するようにしてください。

 

手足が変色してしまったり、痒みや痛みを感じるということは健康な状態であるとは言えないです。しかしそれを素人がしもやけだと安易に判断してしまうのはとても危険なことなのです。ですので先ずは専門家のいる皮膚科へと相談するようにしてくださいね。