トップページ → ダイエット苦戦記

ダイエット苦戦記

コレステロールと食事の関係
血液中のコレステロールを下げる為に食事制限やダイエットに励むなど努力をしてる方も多いと思います。では、コレステロールとはどんな物体で、体にどのような作用があるのでしょうか?コレステロール値は健康診断の時の血液検査で判明します。

 

コレステロールは、食べ物に含まれている脂質の一種で生命を維持するためには必要な栄養素です。悪玉コレステロールと呼ばれるものもあって、体に悪いものと思っている方も少なくありませんね。コレステロールは、脳や視神経などの重要な部位に存在している成分で、細胞膜を生成する役割があります。毎日の食事で、少しずつ吸収していくことが大切です。

 

コレステロールは脂質に分類されるため、過剰摂取は体にとって良くありません。コレステロールの多い食事の摂取量が多いと高脂血症になりやすいので注意が必要です。また、血管が詰まる原因にもなります。知らないうちに大量のコレステロールを摂取してしまう場合もありますのでくれぐれも注意を払ってください。

 

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。食事や生活習慣などを考えて両方のバランスを整える事が重要です。

 

コレステロールの高い人
コレステロールには『HDLコレステロールとLDLコレステロール』の2種類があります。食生活の改善でコレステロールをコントロールしましょう。血液中の「総コレステロール値」は両方の数値の合計です。自分はどちらのコレステロール値が高いのか把握しておく必要があります。

 

一般的に悪玉コレステロールと呼ばれているのが、LDLコレステロールです。LDLコレステロールが高いと「高コレステロール血症」という状態で、動脈硬化・心筋梗塞など命に関わる事態になる可能性が高まります。

 

悪玉コレステロールが高くなる食事は、脂っこいものやお肉を頻繁に摂取すると増えやすいようなので注意が必要です。善玉コレステロールは多く含まれていても健康に良くないという事はありません。善玉コレステロールが心筋梗塞や動脈硬化の予防に効果が…青魚・オリーブオイルなど豊富に含まれています。体に良いとされる食事を上手く摂り入れて健康に!!

 

コレステロールを下げる
悪玉コレステロール値が高いいことが判明したら、まずは、食事から変えていきましょう。悪玉コレステロールを下げるDHA&EPAが良いとされ、動物性の脂肪を摂取しないようにすると肉を控えただけでコレステロール値が下がったと言う人もいます。

 

悪玉コレステロールを下げるには、植物性の脂肪を摂取するとよいともいわれています。植物性油脂にはオリーブオイル・ひまわり油・コーン油などがありますので日常の食事に使うのも効率的な摂取方法です。悪玉コレステロールを下げるには、普段の運動を心掛けることでもある程度下げることが出来ます。

 

運動・食事などの生活習慣を見直すことで、効果が高まります。年齢・ホルモンバランス・遺伝による事もあり、思うように下がらない人もいます。