トップページ → 水素水って体にいいのかな

水素水って体にいいのかな

水の中にたくさん水素分子が含まれている水のことを水素水と言います。水素というのは元素の中で最も小さく、人間の体を作っている元素の中では、3番目に多いものです。近年の研究で、水素が体にいいことがわかっているので、水素水は体にいいということになります。

 

みなさんもご存じのように、活性酸素というのは人間の体にとってとても有害な物質ですが、人間の体には、この有害物質を分解して除去する作用が備わっています。除去するための物質として、SODやカタラーゼといった酵素群が体に蓄えられていますが、残念ながらこれらの酵素群は、年齢とともに減少していってしまうのです。

 

これを補うのが水素です。一般的には、抗酸化剤や抗酸化食品というもので補うのですが、実はこれらは水素を含むものなのです。
活性酸素が体内のDNAや細胞を酸化させたり損傷させたりする前に、水素が活性酸素と結合して水に変身し、体外に排出させてしてしまうのです。さらに、水素のすごいところは他にもあります。

 

活性酸素には実は、スーパーオキシドアニオンラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素という4種類がありますが、人体にとって有害なのはヒドロキシルラジカルだけです。水素はこのヒドロキシルラジカルだけに結合して除去するので、他の無害の種類の活性酸素には反応しないのです。

 

水素は、もちろん抗酸化剤や抗酸化食品で摂取できますが、実はこれらは活性酸素を除去する途中で自らが酸化物質に変化してしまうのです。しかし、水素水ならそのようなことはないので、安心して飲める大変体にいい水といえるでしょう。